虹色のやさしさ

この宇宙のあふれる優しさの中で、私に流れる煌めくいのちを全うできますように

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-07-Sat-23:42

星降る夜

願い事 笹の葉吊るし 空眺め 星降る夜の 十四のこころ

中学生の七夕の時、短歌を作って、笹の葉に吊るしました。

初めて、短歌、というものを知りました。
何個か作りました。


その時は、私は施設にいて、小さい子から同じくらいの子までと
一緒に生活をしていました。


パジャマをきて、笹の葉に自分の部屋の人たちとホールに吊るしに行き、
そして、
その先には、隣の部屋の子や、大好きな男の子、小さい子供たちがいて、
パジャマの感触、ホールの足音、蛍光灯の灯り、笹の葉につるされた飾り、
そんなものを感じて、願いごとを笹につる下げた記憶があります。


そういえば、七夕には、
3年前も、病院にいましたが、笹の葉に願い事を書きましょう、って
小さい子がまわってきて、書かせてもらった記憶があります^-^


14の心も
今の心も

いろいろあって

でも見上げた先の星空のように
ただ精一杯輝いて、消えていく。

私自身も輝いて、消えていく。
みんなみんな同じ大きな空で。

すべてをなんでも映し出せる、空の中で
いろんな輝きを出していく。


様々な輝きが 煌めいては消え 煌めいては消え
そういう世界に生きている。

ただ それだけのことが とても美しいと思うのです。



願いをかけた中学生の私は、
今の私と共に輝いて

そして

そのころ一緒にすごした仲間も
その空間も、全部大きな空の中で輝いている。

私が輝いているは、
みんなが輝いているから。

私がいるのは
みんながいるから。

お互いがお互いを大きな空の中で映し出し

いのちの輝きを共にしているのだと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先日、大飯原発の再稼働についてのブログや行動のことを読ませていただいいました。

読ませていただいた方の、自分の行動、見たこと、すべてを振り返り、
対話して、理解しようという姿に頭が下がりました。

ひとつの行動から、深く深く感じて、理解される姿。
たとえどんな行動でも、その行動を懸命に理解すれば、その先は同じ気がします。

それについて、ふと思い出しました。

以前ですが、古くからイルカさんを食する文化のところで、
その地域の方がそのことについて、そして、それに対して反論のある方について、
まっすぐに向き合う姿勢の姿を見たことがあります。
その瞳の奥の光が忘れられません。
もうその宝と、答えがあるような気がしました。


まっすぐ見るというのは、二元論を超えているとしか思えない、いつも思います。


誰かが悪いのではないし、
何かが悪いのではなく。
何が正解とか不正解もなく。



原発の再稼働に今後の在り方を、国民が投票で決める署名を行っています。
賛成でも反対でも、そのことについて、考えられる、
正直に、というのは宝だと思います。


そして、結果、それを受け入れながら、その先を考えていくこと。
静岡の方、お近くの居住地の近くで、署名することができます。
署名場所にどうぞ、足をお運びください^-^

あとわずかの日程です。

原発県民投票・静岡
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。