虹色のやさしさ

この宇宙のあふれる優しさの中で、私に流れる煌めくいのちを全うできますように

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-30-Mon-01:04

生きなさい

生きなさい

あなたの人生を
imgacd0adcfzikbzj.jpg

生きなさい

あなたの道を

imgef5f243fzikfzj.jpg

生きなさい

あなたの生が永遠に還る日まで

img54930c76zikdzj.jpg
私の子供たちよ

安心して生きなさい


(ほしのはらより・・大好きな五所神社の楠に寄り添って感じた言葉)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かつてのこの日記に書いた時の詩につけた文章は
時々
私の現状や体から逃げたくなる、けれど、それをすべて抱きしめていきたい。

そんな文章を書いたと思います。



けれど、いや、違う、もう、逃げたくなるものなんてない。
もう、その経験はいらない。


この体で生きていること
それは
木が木として生きているように
私が私として生きていくこと。

同じいのちを
違う入れものの中で表現していくこと。

この木のように、生き、そして出会う日々や出会うものに
「安心して生きなさい」
と伝えられるくらいの、いのちの力、それが私なのだ。
この楠のように。
それが私のいのちなのだ。


同じ詩をこのブログで書いても、私自身は以前と変化しよう。
楠から感じたものを本当に自分自身のものにしよう。


負けないよ。

今生きているのだから。


愛して愛して生きてゆく。

いのちをおしみなく表現していく。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。